· 

自尊心(自己肯定感)とは

(生き辛さを改善するために知っておきたい情報として)


自尊心とは?

 

自分のことを大切に思える。愛することができる。といったような自分に価値を感じることができる気持ちを「自尊心」といいます。



◆あなたの「自尊心」チェックをしてみましょう

 

□人から嫌な仕事を無理矢理押しつけられると、つい引き受けてしまう

□人間関係で言いたいことがあっても飲み込んでしまう

□いつも誰かの意見に「イエス」ばかり言っていて、自分の意見を言わない

□相手が何か言うと、自分の思っていることはダメだと思ってしまう

□相手が怒っていると、自分が悪かったのかと思い自分を責めてしまう

□自分が本当にやりたいことを表現できない

□行動するときに「私なんて」と思って躊躇してしまう

□相手に何かを言われるとカッとして感情的になる・感情をぶつけてしまう

□フラストレーションがたまって、感情爆発を起こして人間関係を破壊することがある

□「本当は○○だった」と、後から我慢していることに気づく

□自分のことを考える時間がない、好きなことが分からない

□相手が素晴らしい人間に見えて、自分はちっぽけだと感じる

□誰かを見て、常に自分と比較し、自分にダメ出ししてしまう

□自分が同意できないことも同意してしまい、後から爆発する

□なぜやってくれないの?と感じることが多い

□相手に対しての不満を、感情や機嫌で表現してしまう

□相手が発する不満や不機嫌に左右されてしまう

□人にお願いする・人からお願いされるというパターンが全く無い

□自分の意見と相手の意見が食い違うと、怖くて仕方がない

 

 5つ以上にチェックがついた方は、特に要注意です。

これらの行動はすべて、「自尊心の無さ」が引き起こしています。

 

対処法は?

ハートボイスでは、自尊心を損なっている無意識の思い込みを取り除くお手伝いをしていきます。

 

補足

自分のことを大切に思えるからこそ、嫌だと感じたことはきちんと表現し、それによって、他人も自分が嫌だと思うことを控えてくれるようになります。

(人間なので、言語化して相手にわかるように伝えなければ、こちらの思いは伝わりません)

 

自分に価値があると思える人は、「自分を痛めつける嫌な人からは離れ」「本当に大切にしてくれる人達と交流を深めていく」ことができます。自分の気持ちを尊重し、その気持ちにそって犠牲を払うことなく、きちんとセルフコントロールして生活を送ることができます。

 

このように健全な自尊心があれば、「自分を守りながら」「自分が苦手なことは避け」「本当に望むことだけを選択していく」という行動がとれるようになるのです。

 

けれども、自尊心を持ってない人の場合は、上記のチェック項目のように、その反対のことをしてしまいます。

 

その結果、自分の行動と引き合うかのように、「威圧的な相手から支配されたり」「自分ばかりが損をしてしまう」というようなことが現実で起こるようになります。

 

こうしたマイナスの行動パターンは無意識で行われているため、何度もそのような経験をして後悔したり、嫌だと感じているはずなのに、いつも同じような犠牲的なパターンを選択したり、毎回同じような不幸な関係を引き寄せ続けてしまうことになります。

 

ですからまず、自分自身でその不自然な人間関係に気づくことが大切です。

 

無意識でやっている不要な人間関係のパターンから抜け出し、本来の自分の魂が喜ぶ人間関係の学びを得て、必要な人とのつきあいの方をたくさん選択して、楽に歩いていきましょう。

 

 人間関係のワークは、自分だけではなく、これから出会う人や未来の家族のためにもよいエネルギーを回せるようになります。ぜひ、進んで取り組み、それぞれの気になる思いを解消させておきましょう。

関連記事