他人に厳しい人は完璧を求める人。他人に厳しいその理由は?

 

「完璧にやらなければ!」

という人は他人に厳しい。

 

それは、

自分はこんなに

完璧になる努力をしてるのに

あなたは怠けてるように

見えるからズルい!

 

と自分のことを振り返るより

(周りの人のことが気になって)

相手側に注目してしまうから!
 

 

完璧主義が悪いわけではありません。
完璧になる努力は、

自由にやっていきましょう!


ですが、

それを相手に求める人は、

まだまだ自分のことよりも、

相手を変えたい人です。

 

 

相手は他人です。

(子どもでも旦那さんでも親でも、自分ではない他人と捉えます)


ですから、

本来は相手を変えることに注目するのではなくて、

まず自分を見つめなおすことを優先したいのです。

 

あなたはどうありたいのでしょうか?

 

 

相手のことが気になりますが、

相手のことが気になる人は、まだ

「自分の中にもそれがある」

が見えてるだけです。

 

 

「自分の中にある」

のが悪いのではなくて、

 

一旦、

「そうそう、同じものがまだ私の中にあるから気になるんだ」

と受け止めます。


その上で、気になる箇所の

軌道修正・成長・問題を乗り越える努力を、

自分自身がまず取り組んでいくこと。

そうやって努力していくうちに、

相手は変わらないのですが、
自分が進化・成長しているので
相手のことが気にならなくなります。


 

 

◆目の前の気になる人とは?

 

→ 自分の投影かもしれません。

 

 

自分の中の気になる人に対する思いを清算すれば

今自分が取り組みたかったことが明確になります!


人を気にしているどころでも
人を変えるために力を使うどころでもなかった!
自分に向き合うんだった。

 

と気づいて

より自分が望んだ人になる

努力をしていきましょう♪

 


自分でできるセルフワーク

「感情開放ワークシート」無料プレゼント付き!

無料メール講座をどうぞ♪
自分らしく生きるための7つのヒント▶▶


思い込みを手放すハートボイス®とは▶▶


その他のヒント一覧
ブログ一覧▶▶